2011年10月27日

捨てる!新基準!!

(悩み深き 三十路の貴女へ)


確か、四十の声を聞いた頃だったと思う。
その数年前から、自分の中でモヤモヤしていたものに、ある時、思い当たった。
と言っても、確信といえる程のものではなかったし、 そうだと決めてしまうことに、躊躇いもあった。
そしてその思いを口にすることができないまま、数ヶ月が過ぎたある日、
少し年上のママ友と、2人だけのランチの席で、おそるおそる打ち明けた。敢えて疑問形で…。
「私、だんだんオバサンになって行くのは仕方ないと思っているんだけど、何だかオジサンにもなっている気がして…。そういうもん?」
「うん。みんな、もうなってるの。」
外見も中身も少女らしさの残る彼女が、いつも通り温かく受け止めてくれたことがとても嬉しかった。
実際は「みんな」ではないことを知っているはずなのに、笑顔で言い切ってくれた…。

それから、更に数年が経った現在、
やっぱり私はオッサンになった。いや、現在完了進行形。
今も更なるオッサンに向かっている。
初期の頃は、酒、肴の嗜好が父ちゃん(夫のこと)に非常に似た。
今の特徴は、
「女が好き、若いとなお嬉しい」
(今初めて文章にしたら…ほんの少しだけ哀しいのは何故だろう)

オッサンになると、いいこともある。
若かりし頃、世間でオジン(死語)と呼ばれ、ダサいを通り越し、忌々しく思われていた人種やその行動を、今なら、
「それもよし」と。
「同朋たちよ!」と。
下着は別洗いだの、加齢臭がイヤだの、自分も加齢している妻が、殊更夫を嫌悪する理由も、オッサンな私には分かるはずもなく、精神衛生上、とてもよろしい。
(部屋の衛生はどうなんだ!)


さて、そんな私が片付けを始めようとしている。
いつか着るかも、と、いう類いの迷いは、一切なくなった。
今より痩せようが、流行が戻ろうが、こんなの着ない。
私はオッサンなんだから。

image-20111024150630.png

(結婚前に父ちゃんからもらったエプロン含む。)


image-20111027090843.png

引き出しが空くと、ちょっと嬉しい。
と言っても、どんどん捨てると言える程、服を持っていないんだな。


そうだ!昔の服!
以前も米袋に詰めて捨てたけど、あん時はオッサンになるとは思ってなかったはずだよな。


image-20111027092105.png

おお!あったあった。
2ケース発掘。
この埃の溜まり様からして、要らんものに決まってる。


image-20111027092035.png

こちらは、ガムテ付いたまま…。

何が入ってる?

image-20111027090746.png

………。

言いたくないが、



何だか、




いやらしい!!




最近着てなかった自分の服を並べただけですから(汗)
別にコーフンとか、一切してませんから(滝汗)
オッサンにはなっているけど、エロオヤジではないから!
清らかなオッサンだよ!




並べて写すの、やめときます…。
posted by イラッ愚まま at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 汚部屋 片付け 居間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232290653
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。